人に好かれる会話術のメリット・デメリット

木多 崇将さんの「人に好かれる会話術」って?

人に好かれる会話術,木多崇将,メリット,デメリット,会話術,コミュニケーション,口コミ,人に好かれる

 

「人に好かれる会話術」とは、会話コンサルタントの木多 崇将さんが監修した、会話や他人とのコミュニケーションが苦手な人に向けて、会話の仕方や、流れ、コツなどが実例を交えて紹介されている情報プログラムです。

 

↓すぐに「なぜ会話が魅力的になるのか?」そのノウハウを知りたい場合は↓
『人に好かれる会話術【男女兼用】』

 

このページでは、内容のメリット・デメリット向いていない人を解説します。

教材の不満な点は?

この教材は、次のようなことを目的とする方のための教材です。

・ 人とコミュニケーションをとることが苦手な方
・ 自分に自信のない人
・ 他人との会話を躊躇してしまう人
・ 人から好意を持ってもらえる会話術を学びたい方

 

そのため、会話の流れやそのためのテクニックをじっくりと考えたことのない人にとっては、会話のきっかけをつくり、より親密になることを目指したい人にとってはおすすめできる内容です。大きなデメリットは見つかりませんでしたが、若干の不満点や教材の方向性とあわない人もいるとおもいますので解説します。

 

・ 会話をするための具体的テンプレートは用意されていない。

 

人に好かれるための決定的なテンプレートが付いているわけではありませんので、そのまま暗記して会話をしたいという人には向いていません。ただし、会話は話題によって流れが変わるものですから、テンプレートが用意されていたとしても、それを暗記するのも大変です。

 

教材をしっかりと読んで、多少は自分で組み立ててみるワークが必要です。その作業が面倒と感じる人には向いていないかもしれません。

 

 

・ 他人との会話で爆笑をとるための教材ではない。

 

基本的に人付き合いの苦手な人に向けての教材です。ある程度、自分なりの会話テクニックや初対面の人と話すことがそれほど苦にならない方にはあまりオススメできません。

 

また、コミュニケーション力をあげるためですから、お笑い芸人のような爆笑をとれる会話術をお求めならば、他の教材のほうがいいとおもわれます。

 

 

・ 自分のことをあまり話したくない人には、向いていないかも。

 

「人に好かれる会話術」を公開した木多 崇将さんは、人に好かれるためには信頼関係の構築が必須という考え方です。そのために、他人に自分のことを話すことが大切といいます。

 

うわべやその場だけの会話を上手にこなすテクニックを求めている方には向いていないとおもわれます。ただし、自分のことや家族のこと、またどうしても躊躇するような過去を話したくないという方もいるでしょうから、その場合の対策や方法論が紹介されていない点は不満が残りました。

 

 

・ 教材を読んで、すぐにテクニックが身につくと思っている方にはおすすめできない

 

人と上手に会話するためには、テクニック(=技術)を身につける事が必要です。

 

たとえば、初めてでてきた芸人が最初は面白くなくても、慣れてくると『少し面白くなってきたな』と思うことってありませんか。これは、影で何回もリハーサルを行ってネタを練り直したりするからです。つまり、練習が必要です。

 

人に好かれるための会話が出来るようになるためにはちょっとしたコツをつかむ必要がありますから、一度読んだだけですぐにできるようになりたい人にはあまりオススメできません。

 

 

・ 異性と恋愛関係になれるような会話には特化していない。

 

異性とより深い関係になるためには、相手があなたに興味を持ってくれるようにアピールすることが大切です。もちろん、この教材でお互いのの信頼関係が構築できるような会話は身につけることが可能ですが、恋愛に必要な話題や話の流れ、異性が興味を引くようなトレンドについては詳しく掘り下げられてはいません。

 

そういったものをお求めになるならば、別の教材をオススメします。

教材のメリットは?

「人に好かれる会話術」メリットは、自分に自信がない人やコミュニケーションに自信がない人が、他人と会話をするための具体的な会話のパターンを多く知ることが出来ることです。

 

人とうまく付き合えるようになるための会話テクニックや方法論は、親も学校でも教えてはくれません。木多 崇将さん自身が会話で悩み克服した経験をプログラム化したものですから、その具体的な内容を学べる機会はいいチャンスです。

 

さらに強力なのは、教材で紹介しきれない部分が100通以上の無料フォローメールで送られてくることです。

 

フォローメールの内容はQ&A形式が中心で、同じように会話で悩んでいる購入者から送られてきた質問に木多さんが答える内容を見ることができます。つまり、生の現場の会話を復習できるようなものです。教材で学び(予習)ながら、より具体的で実践的な会話例を学べる(復習)ことは、「人に好かれる会話術」の最大のメリットではないでしょうか。

全体を通じての感想

「人に好かれる会話術」の内容を一言で表すならば、”聞き上手、話し上手になるテクニックを学ぶ”と言いかえることもできると思います。

 

たとえば、次のような会話と、

「このまえ、○○に遊びに行ってきたんだけど、メチャクチャ混んでたんだ。」
「ふーん」
「この前の火曜日。有給使って平日狙ったのに・・・」
「ふーん」

 

このような会話を比べてみると、

「このまえ、○○に遊びに行ってきたんだけど、メチャクチャ混んでたんだ。」
「えっ、僕もいきたいところなんだよ。いつ行ったの?」
「この前の火曜日。有給使って平日狙ったのに・・・」
「誰と行ったんだよ?ひょっとして・・・」

どちらが話したくなるか一目瞭然です。(サンプルが陳腐でスミマセン)

 

従来のコミュニケーションに対するアドバイスの多くは「会話で距離を縮めるためには、とにかく聞き上手になることが大切。」でした。

 

しかし「人に好かれる会話術」のノウハウは、「あなた自身が話し上手になり、その上で相手にももっと話したくなるようにさせ、会話を広げていく。」ということに重点をおいていて、一線を画しています。この内容が人気の秘密ではないでしょうか。

 

あなたはもしかすると、人とコミュニケーションをとるときに、”沈黙”が一番怖くはありませんか?いくら相槌がうまくなっても、相手も話す話題には限界があります。そこで、あなたからも話題を提供するからこそ、会話が続かなくなることもなくなり、相手とより深い話ができるような関係にもなることができます。

 

つまり、より親密な関係を構築できるということなのです。

 

そのテクニックを身に着けることが出来る教材としては、1000人以上の人が購入し、今なおロングセラーを続けている実績をみても、十分信頼出来る内容であると考えても良いと感じました。

人に好かれる会話術の実践内容をおさらいすると・・・

最後に、「人に好かれる会話術」の実践内容を確認しましょう。

 

1. まずはPDFテキストをじっくりと読む
2. 自分が興味のある話題や最近のトレンドを勉強する
3. 万が一、会話が沈黙になったときの対策を考えておく
4. 人を相手に実践してみる

という流れです。

 

テキストの中でも解説されられていますが、会話術の一番のポイントは”話題”です。会話がすぐ止まってしまう、コミュニケーションに自信が持てない、何を話していいかわからなくて人を避けてしまう・・・といったことでお悩みの人には、おすすめできる内容です。

 

これからコミュニケーションを通じて、自分の可能性を広げたい場合は、

 

・もし、この話で続かなかったらこの話をしよう
・人気のスイーツは?店は?
・もし、自分のわからない話だったらこうやって切り替えしてみよう
・流行っているトレンドは?
・最近話題のテレビは?

 

など、自分が普段、コミュニケーションについて悩んでいることの対策を考えておくことが大切です。

 

その準備ができ、会話のちょっとしたコツを知ることで、1ラン上の自分になることが出来るのです。

 

まわりがあなたの変化に驚きます!

 

人に好かれる会話術,木多崇将,メリット,デメリット,会話術,コミュニケーション,口コミ,人に好かれる